LEYTON HOUSE STORM-THERMO ST-613 メンズ 裏メッシュジャケット アールエムストア 今季一番 RM ストームサーモ 買い物 STORE

LEYTON HOUSE STORM-THERMO ST-613/ メンズ ストームサーモ 裏メッシュジャケット RM STORE (アールエムストア)

LEYTON HOUSE STORM-THERMO ST-613 メンズ 裏メッシュジャケット アールエムストア 今季一番 RM ストームサーモ STORE 1296円,スポーツウェア , その他のスポーツウェア,LEYTON,jinjyanobori.com,ST-613/,STORM-THERMO,ストームサーモ,RM,STORE,(アールエムストア),裏メッシュジャケット,/acrosporous400000.html,HOUSE,メンズ LEYTON HOUSE STORM-THERMO ST-613 メンズ 裏メッシュジャケット アールエムストア 今季一番 RM ストームサーモ STORE 1296円,スポーツウェア , その他のスポーツウェア,LEYTON,jinjyanobori.com,ST-613/,STORM-THERMO,ストームサーモ,RM,STORE,(アールエムストア),裏メッシュジャケット,/acrosporous400000.html,HOUSE,メンズ 1296円 LEYTON HOUSE STORM-THERMO ST-613/ メンズ ストームサーモ 裏メッシュジャケット RM STORE (アールエムストア) スポーツウェア その他のスポーツウェア 1296円 LEYTON HOUSE STORM-THERMO ST-613/ メンズ ストームサーモ 裏メッシュジャケット RM STORE (アールエムストア) スポーツウェア その他のスポーツウェア

1296円

LEYTON HOUSE STORM-THERMO ST-613/ メンズ ストームサーモ 裏メッシュジャケット RM STORE (アールエムストア)













LEYTON HOUSE STORM-THERMO ST-613/ メンズ ストームサーモ 裏メッシュジャケット
※本商品は上下別売の商品になります。
耐久撥水性のあるストレッチ素材は、動きやすく快適な着心地を実現。
防風フィルムコーティングを施し、防風効果が高く保温効果も抜群です。
裏地全体にメッシュ素材の生地を使用し、さっらとした着心地。
インナーで調節することで、3シーズン活躍します。
■リフレクターつきのロゴ
胸元・背中部分のロゴは反射プリントになっているので、
暗い夜道や夜間のトレーニング・運動にも安心して取り組むことができます。
■大きめの引手が付いた前ファスナーとチンガード
前ファスナーの引手は大きめの物を使用しているので手袋等をしていても開閉が楽
ファスナーの金具があごや首に当たらないように、ファスナーを覆うチンガード付き
■両サイドポケット
両サイドにポケットがついています。
【STORM THERMO - ストームサーモ - 】
表生地と裏生地の間に防風フィルムを挟み三層構造にすることで
優れた保温性・防風性・透湿性を発揮。
汗をかいても蒸れにくく、保温効果を高めるので寒い時期の運動もサポートします。
【素材】
表地:ポリエステル100%(防風フィルムコーティング)
切替部分:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル100%
【型番/カラー】
BLACk ブラック
NAVY/GRAY ネイビーグレー
BLACK/GRAY ブラックグレー
BLACK-EMB ブラックエンボス
※使い始めのうちは色落ちする場合がございます。ご使用前に一度洗濯ください。
 洗濯の際は、他のものと分けて洗濯ください。
【ブランド】
LEYTON HOUSE/レイトンハウス
モータースポーツを皮切りにファミリー層 を中心としたカジュアルテイストのシーンを提案する総合ブランド。
※こちらは並行輸入品となります。
正規輸入代理店またはメーカーの国内保証や修理サービス等は受けられませんので御了承下さい。

メーカー品番:
8754077
店舗へのお問合せ時にはこちらの番号をご連絡ください
商品番号:
503853020
素材:
【素材】
表地:ポリエステル100%(防風フィルムコーティング)
切替部分:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル100%
原産国:
中国

LEYTON HOUSE STORM-THERMO ST-613/ メンズ ストームサーモ 裏メッシュジャケット RM STORE (アールエムストア)

植物を鉢植えで育てる...

観葉植物は、文字通り観賞用なのでインテリアとして役立ちますし...

カモミールの育て方に...

カモミールはハーブの一種です。ハーブというのは、食用や薬用に...

サボテンやアロエなど...

多肉植物は、葉や茎に水分を蓄えることのできる植物です。サボテ...

ユッカという観葉植物...

リビングルームや廊下の片隅に一つ観葉植物を置いておくだけで、...

カンパニュラの育て方...

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲かせ...

緑のカーテンに最適な...

ここ数年毎年猛暑が続き、今や日本は熱帯よりも熱いと言われてい...

初心者でも簡単な観葉...

最近は趣味として、ガーデニングなどを楽しんでいる方がどんどん...

家庭菜園を行う場合の...

自宅で植物を栽培する場合、その育て方にはいくつかのコツがあり...

自宅で植物を育てよう

部屋に植物があると生きたインテリアにもなり、その緑や花の華や...

レモン類の育て方

レモンと言えば黄色くて酸っぱいフルーツです。レモン類には、ラ...

キバナコスモスの育て...

キバナコスモスはメキシコの比較的低い場所に自生する草花で、花...

ベッセラ・エレガンス...

この花については、ユリ科のベッセラ属に属します。花としては球...

ハクサイの育て方

ハクサイは漬物や鍋の中に入れる野菜、中華料理の食材や野菜炒め...

プルンバゴの育て方

プルンバゴは、イソマツ科、ルリマツリ属(プルンバゴ属)となり...

サンギナリア・カナデ...

サンギナリア・カナデンシスとはケシ科サンギナリア属の多年草の...

キフゲットウの育て方

キフゲットウは東アジアとインド原産のショウガ科ハナミョウガ属...

モッコウバラの育て方

花の中でも王様と呼ばれるほどバラに魅了される人は多いです。そ...

カカオの育て方

そんなカカオの特徴はどのようなものなのでしょうか。前途のよう...

トレニアの育て方

トレニアはインドシナ半島原産の植物で、東南アジア・アフリカな...

アメリカネズコ(ベイ...

特徴としては、裸子植物になります。マツ綱、マツ目、ヒノキ科で...

モロヘイヤの育て方

今の日本人は栄養過多で、人類の歴史が常に飢餓線上にあった状況...

ヘスペランサの育て方

ヘスペランサは白い花を持つ美しい植物でり、日本だけに留まらず多くの愛好家がいます。花の歴史も深く、大航海時代にまで遡る事...

トロリウスの育て方

”トロリウス”とは、ヨーロッパや北アジアを原産とした宿根多年草です。キンポウゲ科、キンバイソウ属になり別名キンバイソウと...

ドイツアザミの育て方

この花はキク科アザミ属に属します。ドイツとありますが日本原産です。生息地も日本となるでしょう。多年草で、耐寒性があり耐暑...

奇想天外(ウェルウィッチア)の育て方

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠にしている裸子植物の一つです。日本では2つの和名があ...

ロータスの育て方

「ロータス」は、北半球の温帯、主に地中海付近の島国を原産として約100種類もの品種が存在するマメ科ミヤコグサ科の多年草で...

メカルドニアの育て方

メカルドニアはオオバコ科の植物で原産地は北アメリカや南アメリカですので、比較的暖かいところで栽培されていた植物です。だか...

マリモの育て方

また日本以外はどうかというと、球体のものは、アイスランドのミーヴァトン湖やエストニアのオイツ湖などで確認をされているとい...

ホメリアの育て方

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそのままの状態で育つことができます。毎年球根を掘り上げるよりも、花...

ヘリオフィラの育て方

ヘリオフィラはアブラナ科の植物で小さな青い花を咲かせてくれます。つぎつぎと花を楽しむことができる植物になっています。南ア...

ブルメリア・クロセア・オーレアの育て方

ユリ科という情報が多いので、ユリ科の同じような植物が近縁種ではないかということもわかります。ネギ科は、もともとユリ科だっ...

ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットな...

ハシカンボクの育て方

ハシカンボクは日本が原産とされる植物です。漢字で書くと波志干木となりますが、その名前の由来はわかっていません。また別名を...

スポンサーリンク

ハーブで人気のバジル...

近年、ハーブは私達の生活に身近な植物になってきています。...

木立ち性シネラリアの...

木立ち性シネラリア(木立ち性セネシオ)は、キク科のペリカ...

トックリラン(Bea...

トックリランは、スズラン亜科の常緑高木でトックリランとい...

植物を栽培する時のコ...

栽培や植物を育てるにはさまざまなコツがあります。また、栽...